2012年05月27日

仮面ライダーフォーゼスペシャルイベント 天ノ川学園高等学校春の学園祭スペシャル

5月3日の“仮面ライダーフォーゼスペシャルイベント 天ノ川学園高等学校春の学園祭スペシャル”に行って来ました。
公演場所はグランドプリンスホテル新高輪の大宴会場飛天で、後方席はとても見にくい会場だったが、その構造は学校の体育館に似ており、今回の学園祭というテーマに合致していたと思う。

まず開会挨拶は、学園祭ということで校長先生が登場!登壇予定にないキャストだったので、城内大盛り上がり。
『これで俳優やってるのか?』とツッコミたいくらいの超カミカミで挨拶を行った。

次に仮面ライダーGIRLSが軽音楽部という設定で登場し、一曲歌った。
仮面ライダーGIRLSが仮面ライダーの周辺に現れてから結構経つが、未だに仮面ライダーGIRLSの存在価値がわからない。
同じく挿入歌やエンディングテーマを担当しているRIDER CHIPSとどう住み分けていくのか?
すでに10年間テーマソングをリリースしているRIDER CHIPSは仮面ライダーファンに浸透しているが、まだ一つもテレビシリーズのテーマソングを担当していない仮面ライダーGIRLSはまだまだ『あいつ誰?』状態である。
今後、RIDER CHIPSを縮小させて仮面ライダーGIRLSにシフトしていくのなら、挿入歌やテーマソングにどんどん採用してもらわないと、仮面ライダーGIRLSは近い将来にいなくなりそうだ。ってエイベックス向かいのビルに勤めている僕が言います。

仮面ライダーGIRLSが歌い終わると、ゾディアーツが登場しキャラクターショーの前編が行われた。
こういったイベントでは戦闘を分けないことの方が多いのだが、今回のイベントはテレビシリーズと同じように戦闘を分割していた。
今年の仮面ライダーはロケットとかミサイルとか飛び道具が多いのだが、キャラクターショーではなかなか再現できず、ダサダサだった。
やっぱりキャラクターショーはスーパー戦隊の方が迫力がでるな。ゴーバスターズショーはまだ見たことはないが、テレビで飛び道具を多用していないことから、結構迫力がある出来になると思う。

キャラクターショー前編のあとは、出演者クイズ大会。
ブルーレイの特典映像で毎回行なっているクイズがイベントにも登場。今回も、仮面ライダーがリンチをしたシーンなど、衝撃の問題が出された。
クイズが終わると、キャストが『変身』ポーズをとってそのままキャラクターショー後編へ。
──当然ですが、天ノ川学園高校の平和は保たれました。

休憩後、待望のキャストトークショーに。
通常は、暴走気味にギャグをやったり、テレビのシーンの再現をやったりと、盛り上がるはずなのだが、今回は会場がフラットのため、舞台の上で寝てしまうと後方席の人には見えないためシーン再現は断念。
僕もフォーゼの中で一番好きな31〜32話の「アレ」が見たかったなぁ〜。

そして、仮面ライダーGIRLSのライブとフィナーレのキャスト挨拶が行われて、イベントは無事終了。

結局、校長の開会挨拶が最高の盛り上がりとなり、最初からクライマックスだぜ!とはならず、最初がクライマックス!になってしまったなと感じた。
イベントの命とも言えるトークショーが、いまいち盛り上がりに欠けたのがそう感じさせる原因だと思う。



posted by Repy at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 仮面ライダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。